男か女か           *50 かけがえのない経験を

男女のマーク画像 Be yourself

            50巻子育てブログ人育てブログ

選べるとしたらどちらがいい?

゜・ 性質が違う「性別」。生態系が違う「プラス」と「マイナス」違うから引き寄せ合う「魅力」だったり、違うから反発する「嫌い」だったりの相反する存在。・

気がついた頃から、何となくいろいろな事に対して「嫌だ」と思う事が多くなってきて。表現力の乏しい幼少期、伝えられず思うだけ。ウジウジしたりメソメソしたり。そんな自分も嫌だけど、自分だから辞められない。抜け出せなくて困っていたりのそんな時、底抜けに明るい人間を見て衝撃を受けた。人は自分にないモノに憧れるのです。体験して学んだ事。

 





幼い頃

怖がりで逃げ腰
毎日いろいろ
あちこちで見かけるから
ハラハラのお出かけ
怖い「鳩」と



葉

外の世界

天

知らないから





灯油ストーブ

灯油のしたたった芯に
マッチで擦って火をつける
ボッと着火
炎の円筒が
部屋を暖める
揺らめく「火」



葉

動くから





見てしまう

寒かろうと
炎の前に置かれたベビー籠
目の前の
綺麗なオレンジ
じっと見て






メラメラ動く

生き物のよう
目の前から感じる熱
吸い込まれそう
顔がほてる



アメ
アメ

ボーっと





まじまじ見る

食いついて見る
普通じゃない光景
吸いつき呪文
見てるだけで分かる
強い「エネルギー」



アメ
アメ

顔がほてる





年子の兄が

伝い歩きの赤ちゃんで
母親が下に降りた時
ちょっとだけ降りた時
立て掛けてた灯油タンクを
倒した事件!



葉

その日

葉

たまたま





温かい昼下がり

偶然消したとか
すぐ上がるつもりの
一瞬のすき
誰もいないそのすきに
灯油タンクを触って



灯油がこぼれた

記憶にあるようで
記憶にないような
泣き叫んだ事件
慌てて
飛んできたと



母親曰く

泣き声でなく
強烈に叫ぶ声
悲鳴だったと
その後も
繰り返し聞かされた
語り継がれた
お話し



魔が差して

消しておいてよかったと
何度も何度も
事ある毎に
その話し

「火事にならなくて良かった」



覚えている

聞いたお話しは
長年に渡って
話してくれたから
何かにつけ
教えてくれたから



じわっと熱くなる

ゆっくり熱くなる
感覚を知っている
なんとなく知ってる
そんな感じ
顔がほてる



言葉にならないと

こみ上げてくる感覚
ゆっくりと確実に
ほてってくる
分かると尚拍車かかる
ますます赤く



葉

何とも言えない

 アメ
 アメ

感覚が恥ずかしい





ウジウジして

嫌な自分
抜け出したい自分
辞めたい自分
抜け出したいと
もがいていたあの頃



内向的

月日が経ち
幼稚園に通ったり
友だちがたくさんできて
一生懸命遊んでいるうち
出会う



失敗を笑い飛ばす人

恥ずかしい失敗を
隠さないで反対に
暴露して
他人事のよう



アメ
アメ

衝撃的





失敗や欠点

人に知られたくない事
恥ずかしい事
わざわざ口にして
聞いてもらって
笑い飛ばす



正々堂々

全く動じない
普通に話す姿
見ていてる方も頷ける
共感してもらって
客観的に笑って
清々すがすがしく



あるある話し

人間だから
本能的な感情
共通の日常に
よくあるお話し
いかにかわすか
その人次第



笑うから

楽しそう
日常の失敗談
盛り上がったりして
楽しいお話しになる
展開が明るい
性質の人



葉

聞いてもらうとか

葉

内緒にするとか





内の性

隠してコソコソ
人に見られないよう
お着替えに手間取る
感覚が働く

「恥ずかしい」



外の性

青空の下
パンツ一丁
全く恥ずかしそうでない
まるで平気
少し足りない

「恥ずかしい」




動じない強さ

持ち合わせにないのか
少ないように見える
一つ少ない感覚
性別が左右するのか

「恥ずかしい」






モクモ
モクモ

ある?

葉

ない?





当然の自分

面倒な自分は
その時気づく
憧れは真逆の人間

「ない人間」





アメ
アメ

ファンにはならない





小学校中学年の頃

自分も
男ならあのように
楽しく生きられたのにと
残念な気持ちが登場し
再々

「男になりたかった!」



空に唱え

それ以来
事ある毎に
なりたい自分像
空想して

自分を見つめる

性別による良し悪し
いかになりたい
どうありたい
自分像
描き



真似したり

いろいろなお手本
先人はいっぱい
見せてくれる
いろいろな人から
いろいろな生き方
言動聞いて
想像したり



プー
プー

何になる?


役割り

適材適所
分業社会の分業家族
家族にも役割があって
外の人と内の人
お父さんと
お母さん



日常生活

仕事に出かける父親と
お世話してくれる母親と
遊び暮らす子どもの自分
いつか私も

「お母さんになる!」



葉

昭和の良き時代





女の子は

勉強しなくていい」とか
決めてもらって
言い聞かされて
いろいろな考え方
隠れているらしい



さとる
さとる

それだけじゃない

さとる
さとる

いろいろなコース




とりあえず

親の言う事を聞く
親の庇護の元
従順に育ててもらっているから
教えてもらった通り


世の中いかに

どういう感じで回っているのか
知りたくて
不安を解消する方向
安全と思える方向
選択し



好きか嫌いか

感と運
行きあたりばったり
失敗して笑われながら
過去の経験と
親の言う事参考にした
進路を得て

子育て

女性しかできぬ大仕事
大金積んだところで
絶対生めない
体験して分かった





初産は

破裂しそうな
地獄と天国
もう終わってしまいたい
凄まじい体験して



ケロッとしている

現在風化
何事もなかったかのよう
あの痛み
記憶になく



生んでよかった

体験して分かる
何事も一緒
経験から理解が深まる
そしてもう一つ


お金

収入が無ければ
食べられず
育てられない
なんとか生きる
継続的に入るよう
働いて欲しい!



産後の回復

出産前後は働けず
動けない身体
思うようにならない
抜け出せない身体と精神
確実に落ちる砂時計



時間がかかる

日常生活
普通の日常に戻るまで
時間がかかる母子
小さな命に
目が離せず



絶える収入

安定して働く事に
限界がある
本質を発揮すると
絶対足りない
時間がある



アメ
アメ

24時間しかない





キャリア

問われるとできない大仕事
どちらを取るか
得手不得手
24時間しかない
限りあるから



選択

好きな事と苦手な事
いろいろある中
得てていると簡単にこなせて
苦手だと時間の割りに残念だったり
それがどうと言う事でなく



できる事を頑張る

分業社会を見てきたから
のめり込む好きな事
無理な事は
難なくこなせる方にお願いしたい
お互いさま人生

協力して生きる

役割分担できると
お役に立てる所で力発揮
どうにかこうにか
それなりに
受け入れられる所
咲ける所で花は咲くから
嘆く事なく




好きを選択

嫌いな方には進めない
得意分野で頑張るしかない
気がついた
間違いは



従順である

親の望む道は
親の希望
親の理想を演じる
自分は
自分を見失って

「私はロボット?」



葉

いつまで?




かわいい赤ちゃん

5才違いの妹が生まれた時
フワフワの肌が忘れられず
よくまとわりついて
よく触って
よく叱られた

「寝ている子を起こさないで!」




赤ちゃんの肌

この世のモノとは思えない
独特の反発力
感触に触れ衝撃的
別世界へ舞い上がった
ひと時



情緒

アイコンタクトで覗き込む
目で会話
共感する本能でおしゃべり
成長が見えて
こちらも元気になる
生命力


素朴な顔で

歌ってくれると
歌詞が身に染み
涙がこぼれる感無量
いつも
元気をもらえるから



資格を取ってこども園

延長保育のお仕事は
生命の糧
精神の糧
両方頂戴できる一石二鳥の
有り難い現場
そんなこんなの今



女性に生まれて大満足!

生まれ変わっても
女性でお願い致します↓

子どもを生み育てる事はお互い育ち合う



考え方は変わる

いろいろ気がついて
いろいろ過程と結果
体験して今
その現場に常にいられる女性で
大変有り難く思っております↓

またまた順番にお伝えしたいです。

心の整理整頓

ありがとうございました*

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました