プール              *53 かけがえのない経験を

プール水面画像 nurturing

            53巻子育てブログ人育てブログ

小学校のプール

゜・ 水の中を体験する水泳の授業。通常の呼吸とは違う事を学ふ時間。「浮力の世界」を感じられる夏限定の期間に、義務教育期間中は無料で使える「学校のプール」この恩恵を充分感じると。大人になれば簡単に入れない残念さが想像できて「ならば、大人になりたくない」と強く思ったのです。いつも心動かす事を見つけ「楽しんで生きたい」から。将来を想像した道のりを振り返ります 。・

いくつになっても「本性は変わらず」ゆるぎなく変わらないのです。「楽しい」とか「幸せ」は人それぞれ、いろいろです。子どもの頃、愛情深い両親の元で育ててもらえて有り難く。それなりに満足していましたが、内心は「大人になりたくない」と強く思った時があったのです。母親を見て「毎日楽しいのかな?」と客観的に、自分の物差しで測って「大人」を推測していました。毎日遊ぶ「子どものままでいたい」と強く思った時がありました。

 



友だち「100人」

友だち」の幅は広く
「友だち何人?」という質問に
「100人!」
ザっと




適当に答える

とても驚かれました。
それでもその時は
それくらいだと思って
歌にもあるように
100人くらいかな?と
思っていました。

してたね
してたね

知ってる「子」は
友だちとして
カウント!

そっかア
そっかア

思う幅も
人それぞれなんだ




プール開放

夏休みのお楽しみ
小学校のプールは
毎日通っていました。
一人で通っていましたから
好きすぎです。
友だちを誘うとかではなく

からね
からね

だって
行きたくて
しようがない

現地に行けば

誰かいる。
そこに居る人と遊ぶ感じ。
「今日は○○ちゃんと遊んだ」とか
「今日は▽▽ちゃんが来た」とか
「今日は□□ちゃん来なかった」とか
親に話していました。




歌にあるように

「誰とでも仲間になって友だちになろう」♪
その場にいる人を平気で
「友だち」と言って
遊んでいました。
そして

ってね
ってね

「口笛ふいて~
空地へ行った~。。

恥ずかし
恥ずかし

大きな声で
歌ってた




大人になれば

プールに入れない
ならば
「大人になりたくない」と
強く思った瞬間到来でした。

の

「洗濯機」とか
名づけて
”ひとりクルクル”
水中で回ってたっ




水の世界で

たわむれるのが大好き。
体重を感じない世界。
泳ぐのも楽しいですが
プカプカ浮いているだけでも
楽しかった。
水の不思議がたまらなく
好きで

のね
のね

水の中では
一人で浮いてるだけだから
おしゃべりできない




自由で気持ち良く

体重を感じない
軽く動ける不思議。
暑さをしのげる水温が心地よく
呼吸も違う世界が

キラキラ
キラキラ

水中に
光が差し込んで
綺麗だったね

わっ
わっ

潜水はよくした


好き過ぎて

夏休みのプールスケジュール
渡されると行く気マンマン👀”
行けるところにまるつけて
楽しみで出かけました。

のっ
のっ

「ラジオ体操」と
「プール」は
頑張った!




振り分け

午前と午後を
低学年と高学年に
分けてくださっているのですが




時々などは

午前も午後も
全学年のOKの日は
どの子も行けるように配慮の
どちらに行ってもいい日は




一日2度のプール

高学年になると
お手伝いの家事で
洗濯機が使えるようになり




午前中に使った水着

コッソリ洗濯。
急いで天日で乾かし
午後のプールに
出かけたのです。




乾ききってない水着

準備体操中に
身体の熱を奪って寒くなり
それでも
水に入れば一緒だと思い
いつも通り
遊んで帰宅。

寒かった 
寒かった 

「体操」
「消毒」
「人数点呼」等あって
すぐに
入れてもらえなくて




次の日はお熱がでました

くれぐれも真似しないでくださいませ↓
これ程好きな
夏のお楽しみが
大人になればないのなら

大人になりたくない

家に居て帰宅する人を待つ
母親は1日中
家族のお世話ばかりで
大人になれば
「籠の鳥」




子どもは

毎日学校へ行って
友達と会って
公園へ行って
遊んで帰る一日だから




いつも

どんな時も
何度でも
楽しい時を過ごす
「子ども」でいたいと
願いました。

時間の過ごし方

今も時々自問自答
何をしている時が満足なのか。
何をして過ごしたいのか。
楽しい時間を過ごしたく
少しでも長く
「好きな事」をしていたい。

からねッ
からねッ

永遠の「命」はない





子育てを満喫した今

それでも興味のある事は
「子ども」と「運動」
これに関しては経験上
「楽しい」としか
言いようがありません。

「なんてかわいいのでしょう*⁂*」

なんて楽しいのでしょう*⁂*

疲れて感じる充実感

午前中は
生きがいである運動。
午後からは
延長保育のお仕事でこども園へ。
楽しい事しかしていない自分。

楽しかったなぁ」
かわいかったなぁ」
あんなシーン
こんなシーン

思い出して「酔う」

アルコールは
無くて酔えます。
その日
目に焼きついた
楽しかった関わり




ワンシーン

子ども達との関わり
シャトルとの関わり
テニスボールとの関わり。

ポンポン
ポンポン

今はちょっと
ご無沙汰だねっ

でしょッ
でしょッ

お陰で

僕の扱い方
見えてきた

 の~ッ
 の~ッ

似てるようで
全然違うから
大怪我もした




帰宅しても

思い出せて楽しくて
有り難い環境にいる自分。
いろいろな事象
今は
感謝しかありません。

飽き症
飽き症

子どもの時
テレビばかり見たから
ご馳走様!

楽しいね
楽しいね

いろいろして





専業主婦を

目指していたはず
そのような環境で
生きてきたのに
いろいろな

疲れる
疲れる

暇は嫌!

からさ
からさ

時間が進まない




環境の変化と

自分の特性で
紆余曲折
好きな自分

です
です

遊ぶ為に
生まれてきた♪

なになに
なになに

なになに
なにって




なりたい自分

必死で探した「居場所」
有意義な時間の過ごし方。
今日も平和で生きられた。
これからも
充分かみしめて
生きたいです。

楽しい時間を

ありがとうございます。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました